ミラコスタに泊まるディズニーリゾートの旅

ミラコスタのロータリー3月2日~4日まで、2泊3日新幹線プランでディズニーリゾートに行ってきました。3月2日はディズニーシー、3日はディズニーランドを満喫し、4日は池袋のナンジャタウンにちょろっと寄ってきました。
久々のディズニーリゾート、今回の最大の目玉は、宿泊ホテル!憧れのミラコスタ!・・・と大きく書きましたが、ミラコスタに泊まったのは2泊目だけ(しかもゲート向きのトスカーナサイド)で、1泊目はパートナーのパームテラスホテルを利用しました。パートナーホテルは、ディズニーリゾートから無料のシャトルバスが出ています。少し時間はかかるものの、清潔感溢れるさっぱりした部屋で、とても快適でした!最近の旅行ではアジアンクォリティ爆発なホテルばかりだったこともあり、日本ってイイナァと(お湯がすぐ出ることに感激しながら)しみじみ・・・。

夜更けるディズニーシー

ハイパーライトアップタイムディズニーシーの園内で飛行機組と合流し、まず向かったのはタワー・オブ・テラー!乗りたかったんだこれ!中途半端な時間になったせいで昼食を食べそびれた新幹線組は、アトラクション手前にあったホットドッグを食べながら(もうちょっとシーらしいものが良かった。しかしポップコーンはさっき新幹線で・・・)並ぶことウン十分。
・・・タワー・オブ・テラKOEEEEEE!!!!!アトラクション出口には、悲惨な表情をした写真が並んでおりました・・・。
夜になるにつれて人が減り、アトラクションの待ち時間も減り、行きたいのはほとんど行けちゃいました。しかし海底2万マイルの空きっぷりは予想以上だぜ。2時間待った時代もあったってのに。

スイーツ(笑)気付けばもうすぐ19時!急いで向かったのは、ミラコスタ内にあるレストラン「オチェーアノ」。プライオリティ・シーティングで事前に予約してあったのです。こちらのレストランは、ショーを専用のテラスから見ることができるという嬉しいサービス付き。20時から始まるそうなので、それまでビュッフェをたっぷり楽しみました。料理は3ヶ所・・・デザート&サラダのテーブル、お子様とか私とかが好きそうなメニューのテーブル、メインディッシュテーブルに分かれていて、種類はとても豊富。
中でも目を惹いたのは、写真右上、小さなフライパンのようなものに入っているクレープシュゼット(クレープのオレンジジュース煮バニラアイス添え)。注文すると目の前で作ってくれます!少しお酒が入りますが、お酒無しにもできます。アイスも数種類から選べます。フランベファイヤーもあり、見ているだけで面白い!「以前これでまゆげが燃えたことがあって、一時期怖かったんですよね~」とお姉さん。そ、それはトラウマになるわ・・・!

火の精ショーがまもなく始まるという頃に、スタッフがテラスへ誘導してくれました。夜は冷えるなぁ。予想以上に狭かったテラス、人ごみに紛れながら海を舞台に繰り広げられるショー、ブラヴィッシーモを楽しみます。ミッキーがオマケ程度に登場した後、火山が大噴火し、火の精と水の精が海の中から出てきて、噴水とか花火とかライトとかがバババッと・・・迫力と美しさに感激でした、まさか水中にこんなに大きい鳥が隠されていたとは・・・。最初おもむろに翼が出てきた時は、蜘蛛の足かと思いました。動画も綺麗に撮れて大満足!しかしショーの最後の最後、締めくくりのライトにでかでかと書かれたスポンサー広告を見た時は一瞬現実に戻りかけましたが、その程度ではこの夢の魔法、解けやしません。ショーの後は冷えた体をスープで温め・・・(まだ食べるのか)。

ミラコスタのロビー食後はロビーでミラコスタ気分を一足先に体験。内部も綺麗な構造ですね。船や天井だけでなく、壁紙や、壁にかかっている絵画など、抜かりなくディズニー要素が入っています。隠れミッキーなどというものが生息しているらしいですが、素人の目ではなかなか発見することが出来ません・・・。
宿泊しなくてもミラコスタへは自由に入ることが出来ます。中にはレストランだけでなく、ミラコスタオリジナルのお土産も並ぶミッキランジェロ・ギフトなどのお店が入っていて、立ち寄るだけでも面白いです。・・・最も衝撃的だったのは、ミッキーの声で案内されるエレベーターですが(笑)
さて、ホテル内の探索は明日ゆっくりするとして、今晩は閉園までシーを楽しみます。

シーズン・オブ・ハート1月17日から3月14日まで開催されていたイベントは、シーズン・オブ・ハート(記事書いてるうちに終わっちまったじゃないか・・・)。
メディテレーニアンハーバーエリアには、ハートにちなんでペアになったオブジェが飾られていました。例えば道沿いで見かけたものだとミッキー&ミニー、ドナルド&デイジー、ピノキオ&おじいさん(アッーーー!!)。
ハートの柄が入ったランプがとても良い雰囲気出してました。そして広場に特別に設置されていたのが「幸せのテラス」。ミッキーの顔の形をした紙にメッセージを書いて、テラスに飾るという企画。何日間分飾られるのかは分かりませんが、既に壁伝いには何千ものカードがびっしりと吊るされていました。

パームテラスホテルパームテラスホテルの1室は、奥にもデイベッドが2つあり最大4人まで泊まれるつくりになっていました。1階にはローソンやディズニーグッズが買えるお店もあるので便利ですが、ひとつ・・・ひとつ欠点が・・・。
エレベーターから部屋までが遠い!勿論部屋の場所にもよりますが、今回はちょうど2基あるエレベーターどちらからも遠い位置で、歩きつかれた足に追い討ちをかけられます。非常階段使うって手も考えたのに、まさか1階だけ閉まってるとは・・・。おかげでローソンへ気軽に飲み物を買いに行くこともできません(行ってきました)。
翌朝、チェックアウトはカードキーを入れるだけ、特に混雑もなくバスはディズニーランドへ向かいます。

光溢れるディズニーランド

ミラコスタを臨む道リゾートライン乗り放題パス・・・違った、ランドじゃない、ディズニーシーに行ったんだった。まずはミラコスタに荷物を置いて、サービスで付くリゾートライン乗り放題パスをもらいます。チェックインの手続きだけは可能で、しかも嬉しいことに、飛行機組と隣同士のコネクトルームにしてくれました。平日の朝は空いているなぁ。モノレールは車両独占状態です。

スウィートハート・カフェにて3月3日ひなまつりということで、入場時に女性のみキーホルダーをもらえました。さーて、まずはどのアトラクションへ行こう・・・そりゃーバズ・ライトイヤーのアストロブラスターだろwwww(すまん、あれ大好きなんだ。)
ファストパス(←勿論バズ・ライt・・・)も獲得し、ひと息ついたところで、朝食の時間です。スウィートハート・カフェで食べたのはミッキーの形をしたチョコレートマフィン。焼きたてパンが揃う店内は、マフィンの他にもサンドイッチや、目移りしそうなスイーツ(笑)があります・・・しかしここで食べ過ぎるわけには行きません。なぜなら今後の計画では、アリスをモチーフにしたレストランでちょっと早めの昼食を楽しむことになっていたためです・・・甘いマフィンは結構お腹に溜まりますね。

クイーン・オブ・ハートのバンケットホールハートのハンバーグ、トマトデミグラスソース腹ごなしのジャングルクルーズを経て、来ましたクイーン・オブ・ハートのバンケットホール。店内の装飾品がどれも大きくて、自分達が小さくなったような気分に。昨晩も食べたのに、またハンバーグ選んでしまいました。だって形がかわいいし~!・・・ってキャラじゃないので、真ん中でざっくり割って美味しくいただきました(トマトデミグラスソースの味はお察し)。

綺麗に並んでるだろ、自動なんだぜ?これシンデレラ城ディズニーランドの期間限定のショーは、「ライツ・オブ・ロマンス」。注目のイベント、シンデレラの戴冠式を中央鑑賞エリアで見ることができる抽選が行われていました・・・が、残念ながらハズレ。
日曜のシーより月曜のランドの方が混んでる気がするなぁ。ハニーハントには常に長~い列。待ち時間無しのスモールワールド涙目

溜まるファストパスホーンテッドマンション気付けば手には溜まったファストパス。閉園近くなればどれも空きますし、それまで時間もたっぷりあるので、目についたアトラクションをどんどん楽しみます。ホーンテッドマンションのファストパスは時間の繰上げが遅いみたいで、夕方頃まで配布していました。その影響かファストパスの入場ゲートにも列ができていて、入るまでに10分くらい待ったかな。

堤燈メインディッシュリニューアルしたカリブの海賊は初体験!写真はカリブの海賊内にあるブルーバイユー・レストランでの夕食のひとコマ。こちらのレストランは、入った瞬間塩素の香りがほんのり漂う”通”向けのお店・・・なのか?まれにボートから奇声が聞こえてきたりして、あぁここはアトラクションの中だったなぁと我に返ります。雰囲気と料理を楽しむことができました。

恐怖のツンデレラ城綺麗なシンデレラ城・・・レストランから出てきた頃には、いつの間にか天気は・・・雨降ってる!?戴冠式は?花火は?パレードは?
園内アナウンス
  「悪天候のため中止いたします」
小雨の中、シンデレラ城&シンデレラオブジェのライトアップだけは見ることができました。ところで、2枚の写真をよーく、見くら~べて~ごらん~夜の~稲妻をッ!!!不気味にブレちゃった。

リゾートライン車両プーさんのハニーハント閉園直前でも、まだまだハニーハント列は現役でした。とは言え、列はコンスタントに進みますし、途中の絵本仕立ての壁も楽しめるのでそこまで苦になりません。あの3台の乗り物の無駄のない動きは、いつ乗っても感心します。そうだ、乗り物と言えばリゾートライン。吊り革も窓もミッキーの形でかわいいです。朝と同じく、車両独占状態でした。

ミラコスタの室内アメニティ(争奪戦前)ミラコスタに戻ってからは、眠気混じりの好奇心で部屋内を探索。落ち着く色調で、とても寛げます。気になるアメニティは・・・ディズニー絵柄でかわいいですね。今は綺麗に並んでいますが、後々お連れ様とじゃんけんによる争奪戦が行われることになります(カップ取られてしまった)。嵐の前の静けさとはこのこと。テレビをつけるとディズニーチャンネルが放送されていました・・・が、深夜になったらいつの間にかニコニコネタ満載なこれに変わってたんだぜ、不思議だよな。
記念になるものと言えば、名前入りのカードキー。一人一枚もらえます。チェックイン時に名前の読みをしっかり聞かれるのは、このためだったのかぁ。

開園直前開園直後チラリと見えるアクアスフィア、夜の静かな園内でひたすら回り続ける姿も印象的でした。朝は、スタンバイしたキャストがこちらに向かって手を振ってくれたり、ゲートを冷やかしにきたキャラクターを見ることができます。開園直後はどっと人が押し寄せましたが、それも10分ほどで落ち着いてしまいました。うーん、空いてます。

朝食「ドアがしまりまーす!・・・2階、ロビーにとうちゃーく!」
エレベーターのミッキーは常にとても元気です。既に足が疲れ気味な一行が朝食へと向かったのは、ベッラヴィスタ・ラウンジ。ブレックファストブッフェはパンがとても充実してました。ミッキーのディニッシュは、(普段ディニッシュはあまり好んで食べない私でも)思わず手が伸びてしまったほど。サクサクで美味しかったです。パンケーキにも小さくミッキー印が入ってます。そして、昨日の昼と夜に引き続き、またハンバーグ食べてます。朝食の時間も終わりがけということもあり、お客さんは数組しかいませんでした。おかげで窓際のテーブル席に案内してもらえました。ここからのショーの眺めは最高です。ただし、音楽は聞こえにくいので臨場感はありませんが・・・。

ベッラヴィスタ・ラウンジからの眺め写真はベッラヴィスタ・ラウンジからの景色の一部。海側は全面ガラス張りなので、この写真よりもっと広い景色が見られます。奥写真の右の方に写っているのがオチェーアノのテラス。3日の夜にショーを見たところです。
食事中にちょうどショーが始まり、船に乗ったキャラクターが出てきて踊ってました(その間もモクモクと食べ・・・花より団子状態)。食後はお楽しみのミッキランジェロ・ギフトにてゆっくりお土産を購入。アメニティ争奪戦を行い、写真を撮ったり部屋でゆっくり寛いでからチェックアウト・・・したのがまずかったですね。結果、この後の予定が詰まることに・・・!

おまけのナンジャタウン

エビマヨ餃子池袋の駅から迷いに迷って辿りついたナンジャタウン、単体のビルで建ってるもんだと思ってました。ビルに入ってからも入り口をさがしてうろうろ。やっと発見できたものの、人いないなぁ。農薬餃子の影響か、それともこれが普通なのか。食べ物のテーマパークと聞いて、賑わっている想像をしていたのですが・・・。屋台っぽくずらっと並んでる餃子のお店は、空いてると買いにくい・・・!でも餃子の食べ比べ、どれも美味しかったです。私が買ってみたのはエビマヨ餃子(あぁまたこってりしたものを・・・)。時間の都合により、1時間足らずでナンジャタウンを後に。その帰り道で気付きました、地下を通っていれば、道案内も充実していたのですね。東京はワカラン。

ディズニーリゾートの旅、あとがき

それではこの辺でさようならオチもないあらすじのみの記事ですが、「ディズニーリゾート行きたくなった・・・かも」って方がいらっしゃったら幸いだなぁと思います。写真を載せたいがために書き始めたものの、こんなにも読み応えない文章とは・・・私も読み飛ばした。最初に画像だけ全部載せて、画像に合わせて文章を書いたのが間違いだったなぁ、蛇足すぎる!
それにしても新幹線プラン(交通+パスポート+宿泊セット)はかなりお値打ち。普通に考えれば、新幹線往復で約2万円、2dayパスポートで1万円はかかるからなぁ。新幹線の時間が指定ってところがミソです。そういやぁ、普段利用してる電車は普通も急行も特急も全部同じホームに停まるんだ。その感覚で東京駅を利用したら、まんまとハマッた。え、なんで隣のホームから出て・・・ちょwwwwこっち普通オンリーかよwww

関連記事


投稿者:

Canaria

任天堂と旅行とモーニングと猫が大好きでーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.