古い雑誌を見つけた。読みますか?→はい

「我が飼い猫の生涯」第三章
「我が飼い猫の生涯」第三章
(前号までのあらすじ)
殺人事件の容疑者でもなく、
国際スパイ組織に命を狙われているわけでもないわたしは、
公衆街道を時速4キロでウロウロしていた。
・・・玄関から出てきたネコは、ネコじゃらしの提示を求め、
私がチラつかせていた草が全力で追いかけるに相応しい相手だと告げた。
私はとっさに家を指差して言った。
「カ、カメラ持ってくるからちょっと待て・・・急いで持ってくるから!」
たしかにネコは興奮していた。このチャンスを見逃してはならない。
「そうか・・・それは困ったね。代わりにデジカメ取ってきてあげようか?」
「いえ、結構です。いけません」
「どうして?」
「・・・そ、それは・・・」


「駄目です!うちの飼い猫は…オニの子なんです!」
「駄目です!うちの飼い猫は…オニの子なんです!」
参考リンク

  • くちばし岬 雑誌 – Google検索 結果

関連記事


投稿者:

Canaria

任天堂と旅行とモーニングと猫が大好きでーす。

「古い雑誌を見つけた。読みますか?→はい」への2件のフィードバック

  1. ウホッwww早速の反応、ありがとうございます!
    オニの子役にしちゃいましたが、もっくんの母親のシロちゃんです。
    この記事書いてるときは、おとなしくひざの上で寝てました(笑)
    双月葉月さん、実はネコに弱い!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.